現地銀行と日本の銀行との違い

まず、イギリスの銀行では、預金通帳というものがない。その代わり、1ヶ月ごとに、出入金の記録(Bank Statement)が送られてくる。それまでの間、残高は、ATMで引き出したときの明細で管理しよう。また、日本では、他行のATM(キャッシングマシーン)を使うと手数料がかかるが、こちらのカードにはインターナショナルキャッシュカード機能がついているので、他銀行のATMでも無料で引き出すことができる。もちろん、イギリス以外の国に行っても使える。このキャッシュカードは、デビットカードとしても使える。

ATMは引出し専用

ATMは24時間稼働、手数料は時間に関わらず無料だが、機械にお金がなくなると閉じてしまうのは日本と一緒。また、引き出し専用で残高照会できないところもある。1回の引き出し限度額は人によって違い、増額することもできるが、上限は£250となっている。ただし、引き出すことはできても、ATMでの入金はできないので、注意しよう。

小切手の使い方

実は、イギリスでは小切手が使えないと結構不便。例えば、何らかの支払いを小切手で求められることもあるし、アルバイトの給料が小切手で支払われた場合、イギリスに銀行口座がないと、ただの紙切れになってしまう。
口座を開設すると、Paying in Bookという、入金用の小切手のようなもの(預金帳)と、支払い用の小切手帳、Cheque Bookももらえる。
入金する時は、Paying in Bookに金額を書き、現金と共に窓口に出す。イギリスのATMは、入金を受け付けてくれないので、これは必要。Cheque Bookの方は、何かを支払う時に使うのだが、ちょっとした買い物でも使うことができる。私達にはなじみはないが、こちらでは当たり前のこと。Cheque Bookに、金額と支払い先を記入して相手に渡せばよい。郵便為替のように相手宅に郵送することもでき、万が一他人に渡ってしまっても、支払い先が明記されているし、口座に入金する以外は現金化できないし、ということで、使うことは、まずできない。安全面でもメリットがある。

二重引き落としに注意!

日本でも、機械のトラブルによる二重引き落としが問題になったが、イギリスではそれほど珍しいことではないらしい。だから、1ヶ月ごとに送られてくる明細書のチェックは、欠かせない。また、口座を申し込んだものの、1ヶ月以上経ってもカードや小切手帳が届かず、銀行に問い合わせてみたら、忘れていた、なんてこともあるそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA