生命保険(死亡保険)が来年から安くなります。

生命保険各社が加盟する公益社団法人「日本アクチュアリー会」が、死亡保険の保険料の算出根拠となる「標準生命表」の見直し案を発表しました。
長寿化に伴う死亡率低下を勘案したもので、来年4月に11年ぶりに改定される見通しです。
これに伴い、生命保険各社は死亡保険料の引き下げに向け動くことになります。

値上げはすぐにしても、値下げはなかなかしない生命保険業界

ただ、11年ぶりの「標準生命表」の見直しと言うのはちょっと遅過ぎたのではないかとも感じます。
日本の高齢化問題、長寿化が叫ばれてから久しくなります。
毎年見直すと言うわけにはいかないでしょうが、もう少しこまめに見直されても良いのではないかとも感じます。

またこの時期に見直すと言うのは、マイナス金利政策の影響で貯蓄性の高い保険の保険料が値上げになり、生命保険会社の売り上げに大きく響くことが予想されることに影響されているのではないかと個人的には思ってしまいます。
生命保険の保険料は3つの予定率をもとに計算されているからです。
3つの予定率は、予定死亡率、予定利率、予定事業費率で構成されています。
生命保険各社、それぞれ企業努力をしているので、予定事業費率はあまり改善を期待できないと考えます。
予定利率に関しては、マイナス金利政策の影響もあり、こちらも期待できません。
予定死亡率は長寿化という自然の流れの中での改善ですが、これで保険料が見直され引き下げられるのは良いことだと思います。

同じ保障金額の生命保険を準備するに当たっては、やはり少しでも保険料が安い方が消費者にも歓迎されるのではないでしょうか。
生命保険料の値下げ幅は各社ごとに異なりますが数%になる見通しで、来年4月以降の保険会社の保険料差が気になります。

もし生命保険加入や見直しを検討している場合には、保険料が下がってからと思ってしまうこともあるかもしれませんが、健康状態によっては保険加入ができなくなることも考えられます。
必要だと考えた時に、必要な保障を準備することを心掛ける大切なのではないかと感じます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加